Terms of Use

パーソナルコンディショニングの会員規約


第1条(名称)

当スタジオは、Gardenパーソナルコンディショニングスタジオ(以下当スタジオ)と称します。


第2条(会員制度)

(1)当スタジオは会員制とし、入会する際に定められた内容で契約し、諸施設を利用することができます。

(2)会員の契約期間は、会員が所定の退会手続きを完了するまで自動更新とします。


第3条(入会資格)

当スタジオに入会できる方は、中学校卒業以上の方で当スタジオの趣旨に賛同し、本規約を承認した方とします。 尚、当スタジオはその自由な裁量により入会申込みを承認またはお断りすることができ、その理由を示す必要はないものとします。


第4条(入会手続)

当スタジオは、本規約を承認のうえ入会手続を行い、当スタジオの承認を得た上、規定の入会金・会費を納入して会員の資格を得た方を当スタジオの会員とします。

未成年者が会員になろうとする時は、本人とその親権者が連署して申し込むものとします。この場合、親権者は本規約に基づく責任を本人と連帯して負うものとします。


第5条(入会金・会費等)

(1)入会金・月額会員費・回数券等の金額・支払時期・支払方法は、当スタジオがこれを定めます。

(2)一旦納入した入会金は返還致しません。

(3)当スタジオは、当スタジオの運営上必要と判断した場合または経済情勢の変動に応じて、入会金・月額会員費・回数券等の金額を変更することができます。


第6条(回数券の取扱い)

回数券は1回のご利用につき1回分消費いたします。回数券の有効期限は、設けておりません。回数券は、未使用の場合でも返金は致しません。


第7条(予約)

当スタジオは完全予約制となっております。ご予約の上、ご来店ください。予約せずに御来店されても、お断りする場合がございますので、予めご了承ください。


第8条(キャンセル)

キャンセルされる場合、担当者へセッション開始日の前日18:00までに必ず、ご連絡をお願いいたします。

無断でキャンセルをされた場合は、キャンセル料として1回分の回数券を消化させていただきますので、予めご了承ください。


第9条(退会)

(1)会員が当スタジオを退会する場合は、退会の申し出を行い所定の手続きを完了しなければなりません。

(2)回数券を全て消費され、その後ご来店が1年以上ない場合は退会扱いとさせていただきます。


第10条(休会)

会員が当スタジオを休会する場合は、休会届を前月10日迄に会員証を添付し提出のうえ、所定の手続きを行わなければならない。休会期限終了後は自動的に会費の請求が開始となります。また、滞納がある場合は完納いただきます。


第11条(変更事項の届出)

(1)会員は、住所、連絡先及びその他入会申込み事項に変更があった場合には、速やかに当スタジオに届出るものとします。

(2)会員への通知は、会員から届出のあった最新の住所宛に行い、当スタジオは以後の責任を負いません。


第12条(損害賠償)

(1)当スタジオの利用に際して生じた盗難・紛失については、原則として、会員各自の自己責任とし、当スタジオは責任を負いません。

(2)会員が当スタジオの施設利用に際して、会員の責に帰すべき事由により会員が受けた損害については、当スタジオは一切損害賠償の責を負いません。

(3)会員が当スタジオの施設利用に際して、会員の責に帰すべき事由により当スタジオまたは第三者に損害を与えた場合、会員は速やかにその賠償の責に任ずるものとします。法人会員利用者の場合は登録法人が一切の責を負うものとします。

(4)当スタジオの利用に際して発生した怪我・病気・事故等・死亡・流産などについては、原則として、会員各自の自己責任とし、当スタジオは責任を負いません。


第13条(遺失物・忘れ物・放置物)

(1)会員が当スタジオの利用に際して生じた紛失については、原則として、会員各自の自己責任とし、当スタジオは責任を負いません。

(2)忘れ物・放置物については、原則として1ヶ月間保管した後に処分させていただきます。


第14条(その他諸規則の改定)

当スタジオは、必要と認めた場合、本会則・細則・利用規定・その他当スタジオの運営・管理に関する事項の改定を行うことができます。尚、改定を実施するときは、 当スタジオは1ヶ月前迄に施設内への掲示及び当社ウェブサイトにて告知することとし、改定後は、全会員に適用されるものとします。


第15条(閉鎖および解散)

当スタジオは、必要と認めた場合、当スタジオを閉鎖および解散をする事が出来ます。

(1)施設の改造または修理のとき。

(2)当スタジオが企画し実施する諸活動を行うとき。

(3)天災、地変、その他の不可抗力により開業が不可能となるとき。

(4)経営上重大な理由が有るとき。


第16条(休業)

当スタジオは、当スタジオが別途定める定期の休業日を設けるほか、施設整備、その他やむえない事由が発生した場合、臨時休業することがあります。 臨時休業する場合は、事前にその旨を施設内に掲示します。